HOME > 業務内容 > 橋梁診断・検査 > コンクリート成分試験

圧縮強度試験

コア供試体に圧縮力を載荷した際の最大荷重を求め、その供試体の断面積で除して圧縮強度を算出します。

圧縮強度試験

中性化試験

フェノールフタレイン試薬を用いてコンクリートの中性化領域を判断し、表面からの中性化深さを測定します。

圧縮強度試験

全塩化物イオン分析

まず、微粉末にしたコンクリート試料と硝酸液を混合撹拌し、煮沸してコンクリート中の塩化物イオンを抽出します。冷却後、吸引ろ過にてコンクリート残分と試験溶液に分離させ、電位差滴定装置を用い、硝酸銀溶液で滴定し、硝酸銀溶液の消費量から塩化物イオン濃度を算出します。

圧縮強度試験